2011年01月25日

ビッグイージーな装備 6 iPhoneで装備を減らす

sDSC06353.jpg
今回、iPhone のカメラ機能を活用した。
いつもだと、走るルート(地図)と周辺情報の、紙のコピーを持っていく。
これがかなりの数になる。

走るルートは、昭文社の県別マップルをコピーしていた。
縮尺は1/30000か1/60000。
見開きでA3サイズで、1コース300km分を用意しようとすると20枚くらいになる。
*走るときの地図は、GPSがメインだけれど、イメージをつかむのに紙地図はよいと思う。

周辺情報とは、観光や食べ物、宿などの情報。
こういうものは、「もしかしたら使うかも」ということで、ついついいろいろと持っていきたくなる。

これらをすべてiPhone のカメラで撮影して、データとして持っていった。

WEB情報のプリントアウトも、これまでは結構な量になっていた。
観光地の営業時間や、船の出発時間などは、あらかじめパソコンで調べて、それをiPhoneにメールで送る。
必要ならURLも送った。

これらのことは、iPhoneでなくとも、コンパクトデジカメと普通の携帯電話のメール機能でもできることが多い。
でもこれまで、そうしようと思いつかなかったのは、
 iPhoneのディスプレイが大きくて見やすいことと、
 情報を1つに集約できる
ということが大きいのかも知れない。

将来的には、
 走りたいルートのナビゲーション
 記録(写真、声のメモ)
 周辺情報
などが、これでできると、もっと装備はシンプルになる。
今の機能でも、これらはかなりできるので、サイクリングを楽しむことがメインであればできる域に達している気もする。

さらに完成度が高まって、個人的に望むクオリティになれば、もっと軽く、軽快に走れるだろうなぁ。。

posted by nct02 at 08:50 | Comment(0) | 自転車&グッズ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。